福岡市博多区歯科・歯医者 矯正インプラントのことなら"たかの歯科"にご相談ください。

歯周病・インプラント研究所 たかの歯科クリニック

庄矯正

床矯正とは抜歯矯正と床矯正の違い治療の開始時期と流れについて
床矯正のメリット

矯正とは

床矯正(しょうきょうせい)は、入れ歯のような装置を歯の裏側に入れてあごを広げ、歯が生えるスペースをつくる治療方法です。歯をできるだけ抜かずに歯ならびを矯正できます。

床矯正治療前と床矯正治療後

写真は小児や小学生に矯正の治療を行う時に使う、床装置という物です。上下とも歯並びが悪い人に付け、歯並びを広げて歯並びをよくする物です。 昔と比べて硬いものを噛まなくなると、顎の成長に良くないので歯並びも悪くなり、虫歯にもなりやすくなります。

▲このページの一番上へ

抜歯矯正と床矯正の違い

従来の抜歯による矯正は、一度装着した装置を取り外すことはできないため、虫歯になりやすい口内環境になりがちですが、床矯正は装置を取り外してブラッシングが出来るので、口内を清潔に保ちやすくなります。虫歯や歯周病も予防する矯正治療として、床矯正は「予防歯科」の役割も果たしていると言えます。
また、5〜7歳と早い段階で矯正治療を開始すれば、お子さんのアゴや顔の育成の成長も促せるメリットがありますが、アゴの成長が完了する以前の抜歯による矯正は、アゴや顔が縮んだままで、成長を期待することはできません。


▲このページの一番上へ

治療の開始時期と流れについて

まず、矯正検査を行います。 歯型作成、写真撮影、咬合力、咬合バランス。口唇力検査、成長の方向検査などを行います。その後、装置の使用を始めます。 出来るだけ少ない装置で治るように自分自身の機能を高めましょう。 10才未満の人は10才までに終わりましょう。10才以上の人は出来るだけ早く終わりましょう。14才〜17才以上で成長が終わっている人は、自分で目標を決めてがんばりましょう。2〜3年が目安です。

「おかしい」と感じた時が治療の開始時期です。矯正治療において一般的には12〜15才の治療開始が最も良いといわれておりますが、これは第一小臼歯という犬歯の1つ隣(真ん中から数えて4番目)の歯が生えてくるからです。歯が並ばない小さなあごの場合、この第一小臼歯を抜いて、そのスペースを利用して歯を並べようとします。抜く歯が生えるのを待っているということになります。お子様の場合、噛む刺激が減少してしまい、バランスの取れた顔になりません。 歯並びの問題は顔の問題に関係しています。目も目尻も上あごの骨の上に乗っています。上あごの骨の発育が悪ければ目が垂れたり、目の下にしわができてしまいます。口をポカンとあいていれば、口の周りの「口輪筋」と呼ばれる筋肉が弱くなり、口元や唇の形が変わり、やがて出っ歯になってきます。人間の顔の変化は2回あります。1回目は生まれてから6才まで、2回目は11才になる小学5年生頃からです。6才になると前歯が生えかわり、1番奥の乳歯の後ろに「6才臼歯」と呼ばれる永久歯が生えてきます。6才までのあごの発育が不良の場合、永久歯の生えるスペースが不足して、永久歯が曲がって生え、歯並びが悪くなるのです。6才までに正しく発育できなかったあごを10才までに治して、2回目の顔の変化が起きる11才には自分の噛む力で良い顔を作ることが大切です。小学校卒業までを目標に矯正します。女の子の場合、14才で発育が終了してしまう子もいます。

一生の顔の形にかかわる重要な問題です。様子を見ているだけでは発育不良の顔のままです。4歳以上であれば治療は始められます。早い時期に治療を開始しましょう。

▲このページの一番上へ

矯正のメリット・デメリット

メリット
顎を成長させ、歯が生えるスペースを増やして矯正をするので、基本的には子供の永久歯を一本も抜きません
装置の取り外しが可能なので、食事や歯磨きが簡単にできます
個人差はありますが、可能であれば6歳頃から治療が始められるので歯並びを早期に改善することができます
早期に治療可能なため、治療期間や矯正費用を抑えることができます
目標は小学校卒業までに終わりましょう
デメリット
取り外せるので、逆に長続きしない子もいます

▲このページの一番上へ

床矯正とは抜歯矯正と床矯正の違い治療の開始時期と流れについて
床矯正のメリット