福岡市博多区美野島2-4-6-2F

トピックス TOPICS

インビザラインが向いている人とは

    こんにちは。福岡市博多区にある「たかの歯科クリニック」です! マウスピース矯正のインビザラインは、人気を集めている矯正治療の方法ですが、人によって向き不向きがあります。インビザラインで矯正治療を受けるか迷っている方は、自分の適性をチェックしてから判断するのがおすすめです。 この記事ではインビザラインが向いている人の特徴について解説していきます。

■そもそもインビザラインってどんな矯正?

インビザラインとはマウスピース矯正の一種で、アメリカのアライン・テクノロジー社で開発されたものです。見た目は透明のマウスピース型で、装着していても目立たないのが特徴です。マウスピースは最初に段階的に作成され、1日20〜22時間以上装着します。 1週間〜2週間おきに新しい段階のものへと取り替え、歯を正しい位置に移動させます。インビザラインはワイヤー矯正と比較すると痛みが少なく、自由に取り外しが可能です。インビザラインはメリットが多く、デメリットは少ない方法ですが、誰にでも適しているというわけではありません。向き不向きがあるので、治療の可否は慎重に判断する必要があります。  

■インビザラインが向いているのはこんな人

  下記に該当する方はインビザラインに適しているといえるでしょう。 ・抜歯に抵抗がある 抜歯に抵抗がある方にもインビザラインはおすすめです。個人差はあるものの、従来のワイヤー矯正では歯が並ぶだけのスペースを確保するために抜歯を要する場合もあります。抜歯が必要な場合、健康な歯を抜かなくてはいけなくなるため、自分の大切な歯を失うことにつながってしまいます。インビザラインでは抜歯が必須ではりません。歯が生えている位置や方向、隙間に問題がなければ、抜歯なしで治療が可能です。 ・歯並びの乱れが軽度 歯列の乱れが軽度の場合はインビザラインが向いているといえるでしょう。インビザラインはワイヤー矯正よりもゆっくりと少しずつ歯を移動させるため、重度の不正咬合には向いていません。ワイヤー矯正と比較すると時間がかかりますが、歯並びの乱れが数本だけの場合や矯正が部分的に済む場合はインビザラインを検討してみると良いかもしれません。 ・1日20〜22時間以上の装着時間も守れて適切に交換できる 1日20〜22時間以上という装着時間をきちんと守れる人もインビザラインが向いています。ワイヤー矯正は固定式で常にお口の中に装着された状態になるので装着時間の管理は必要ありませんが、インビザラインのマウスピースは自由に脱着できる分、定められた装着時間をしっかり厳守する必要があります。マウスピースの装着の習慣化や時間の管理が必須になるので、これらを守れない場合はインビザラインで矯正治療をするのはむずかしくなります。 また、インビザラインは約1〜2週間おきに1回のペースで、新しい段階のマウスピースへ交換する必要があります。交換のタイミングをしっかり守ってマウスピースの交換ができる方もインビザラインは適しています。 ・セルフケアおよびメンテナンスができる 治療で使うマウスピースは常に清潔に保つ必要があります。適切にケアやメンテナンスを行える方にはインビザラインが向いています。マウスピースは使い続けていると雑菌が繁殖しやすく、色移りしやすくなります。ほぼ毎日歯ブラシでブラッシングしたり、専用の洗浄剤で洗う必要があります。このような細かいお手入れに抵抗がなく苦にならない方にもインビザラインは向いています。 ・矯正装置が目立ち痛みを感じるのが嫌だ ワイヤー矯正は矯正装置が目立つうえに、痛みを感じることも多くなります。矯正治療を検討するうえでこういったことがストレスを感じる方もたくさんいらっしゃいます。しかしインビザラインは、マウスピースが透明で目立ちませんし、違和感や痛みもほとんどありません。ワイヤー矯正に関して不安が大きい方にはインビザラインがおすすめです。 ・食事を自由に楽しみたい インビザラインは取り外しが可能なので、矯正治療前と同じように食事を楽しめます。ワイヤー矯正の場合ずっと装着している状態なので食事制限もありますが、インビザラインには制限もありません。1日20〜22時間以上の装着時間さえ守ればいつでも、好きなタイミングで取り外せますよ。食事をストレスなく楽しみたいという方にもインビザラインはおすすめです。

■インビザラインが向かないのは?

下記に当てはまる方は、インビザラインではなく、ワイヤー矯正を検討してみるのがおすすめです。 ・歯の移動が大きい 不正咬合が重度の場合や、歯が大幅に乱れている場合はインビザラインよりもワイヤー矯正が向いているといえます。インビザラインでの矯正治療は、0.2〜0.3mmずつ歯を移動させますが、1ヶ月でみても最大1mm前後ほどしか歯を動かせません。 ですので、大幅な歯の移動が必要な方には不向きです。とはいえ個人差があるので歯科医院のカウンセリングで相談してみましょう。 ・管理を正しくできない インビザラインは自由度が高い分、自己管理が必要になります。装着時間の管理ができない方にはインビザラインは向いていません。1日20〜22時間以上の装着時間が必要になりますが、これを守れないと治療計画通りに矯正治療が進まなくなります。装着時間だけでなく、マウスピースの破損や紛失に注意しながら自己管理していくことも大切です。新しく作り直すとなると再作成には時間がかかり、治療期間も延びてしまう可能性があります。

■まとめ

インビザラインは、メリットも多い矯正治療方法ですが、誰にでも適しているわけではありません。インビザラインを希望したからといって必ずしもインビザラインで治療ができるわけではありませんので、矯正治療をする際はワイヤー矯正も含めて検討しましょう。 まずは、歯科医院でカウンセリングを受けてみるのがおすすめです。