福岡市博多区美野島2-4-6-2F

トピックス TOPICS

小児矯正のメリット。大人になってからの矯正との違いは?

  こんにちは。福岡市博多区にある「たかの歯科クリニック」です! 早い段階でおこなう小児矯正は大人になってからおこなう歯列矯正では得られない効果を得ることができます。この記事では小児矯正のメリットや成人矯正との違いについて解説していきます。 ■歯列矯正の時期は3つに分類される 「0期治療」:3〜5歳頃からはじめる歯列矯正 「1期治療」:6〜12歳頃からはじめる歯列矯正 「2期治療」:13歳以降にはじめる歯列矯正 13歳以降にはじめる歯列矯正は大人になってからはじめる歯列矯正と同じような矯正治療になります。 ■小児矯正はいつ頃からはじめるのがベスト? 3つの時期のなかでも、小児矯正ならではの効果を期待できるのは、0期治療と1期治療です。ですので、小児矯正をはじめるなら成長期にあたる6歳頃がベストだといわれています。この時期は成長が盛んな時期で、顎の成長も成長過程にあたる時期です。この時期に矯正を行うことで成長期を活かして効率よく歯列矯正ができます。また、6歳頃になると小学1年生になるので歯列矯正の目的や意味も理解できるようになり、歯科医院の診察台で一定時間座って治療を受けることも可能になります。 ■小児矯正で得られる効果7選 小児矯正は、成人矯正では得られない効果やメリットがあります。 ①顎の正しい成長を促し骨格的なバランスを整える 成人矯正では、歯列や噛み合わせを正しく整えることはできますが成長が完了し骨格も完成されている状態なので、骨格的なバランスを整えることはできなくなります。しかし、小児矯正は成長期にあたる時期に歯列矯正を行うため、まだ固定されていない状態になります。ですので、前歯や奥歯を正しい位置に移動させ、正しい顎の成長を促して上顎と下顎の骨格的なバランスを整えることができます。歯列矯正は歯並びや歯列だけを整えるのではなく、顎の骨の成長を誘導できるという大きなメリットがあるのです。骨格的なバランスを整えることは将来的にお子さまの顔立ちにも影響してきます。 ②抜歯の必要性が低い 矯正と聞くと歯を抜かなければならないという印象を持つ方も多いかもしれません。しかし、抜歯をする確率が高くなるのは成人矯正の場合です。小児矯正の場合は顎の骨がまだ成長過程の段階ではじめられるので、必ずしも抜歯が必要になるわけではなく、抜歯のリスクも低くなります。歯を残して矯正治療ができるのも大きなメリットといえるでしょう。 ③成人矯正治療よりも比較的痛みが少なく治療できる 小児矯正は成人矯正と比べると、痛みが少ないといわれています。これは小児矯正は永久歯に生え変わり始める時期に治療をはじめるため、顎骨がまだ成長途中で完全には固まっていないことで歯を移動させる際の痛みが少ないからです。 口呼吸の改善をして鼻呼吸を促せる 人の呼吸状態は、口を閉じて鼻で呼吸する鼻呼吸が正常な状態です。しかし、口呼吸になってしまっているお子さまも多く、口呼吸のまま放置してしまうと、歯列や噛み合わせを悪化させてしまう原因になります。それだけではなく、口臭の原因やドライマウスの原因になったり、最悪の場合、全身の健康にも害を及ぼすリスクがあります。不正咬合が原因で口呼吸になってしまっているケースも多いため、歯列矯正をして早めに改善してあげれば口呼吸も治してあげられる可能性が高くなります。歯列矯正と並行してお口まわりの筋肉や舌のトレーニングをするとより効果的です。 ⑤虫歯や歯肉炎の予防になる 虫歯や歯肉炎(歯周病)や虫歯を予防するためには、お口の中のプラークを除去して、清潔に保つことが大切です。毎日ブラッシングをしてしっかりお手入れしていても歯列が凹凸していたり磨きにくい箇所があると、どうしても磨き残しが出てしまいます。矯正をすることで歯並びが綺麗になると歯磨きもしやすくなり、細かい箇所もお手入れができるようになります。磨き残しや汚れが減ると自ずと虫歯や歯肉炎のリスクも軽減されます。 ⑥矯正治療の費用が成人矯正よりも安く済む 成人矯正の費用相場:およそ30万円〜100万円 小児矯正の費用相場:およそ10万円〜50万円 使用する矯正装置や歯科医院によって価格は変動しますが、上記を見ていただくとわかる通り、小児矯正の方が治療費が安く済むケースがほとんどです。骨格が完成され固定されてしまった状態からはじめる成人矯正よりも、成長過程にある時期にはじめる小児矯正の方が効率よく歯を動かせます。 ⑦治療期間が短くなるケースがある 小児矯正は成長過程にはじめるので歯が移動しやすく、成人矯正と比べると効果の表れも早いといわれています。とはいえ、不正咬合の程度には個人差があるので、明確な治療期間は担当医に確認するようにしましょう。 ■まとめ 今回は、小児矯正で得られるメリットや小児矯正の特徴について解説してきました。早い時期に歯列矯正を行うことで、歯列や噛み合わせを整えるだけでなく、骨格的なバランスを整えることも可能になります。